70年代アイドルのレコードって実際売れるの?

音楽は時代に合わせてどんどん変化していきます。

1970年代に流行したもの、話題になったものをご存知ですか?大阪万博、マクドナルドが初出店、ディスコブーム、ウォークマンやカップヌードルが発売された時代です。ファッションだとヒッピースタイル、ベルボトム、ニュートラスタイルが流行していました。

当時のレコードジャケットをみると殆どのアーティストが流行りのファッションを着ていますね!今回は70年代 アイドルのレコードが実際売れるのかお答えします。

70年代のアイドル歌手といえば…

みなさんは70年代のアイドル歌手の中で誰が一番好きでしたか?当時人気のアイドル歌手をご紹介します!

【男性】

  • ・沢田研二
  • ・にしきのあきら
  • ・フィンガー5
  • ・あいざき進也
  • ・野口五郎
  • ・郷ひろみ
  • ・西城秀樹

【女性】

  • ・山口百恵
  • ・天地真理
  • ・ピンク・レディー
  • ・キャンディーズ
  • ・南沙織
  • ・岩崎宏美
  • ・桜田淳子

などです!現在も名前や歌を聞いたことある歌手がたくさんいますね。

なぜこんなに有名なアイドルが多いのか知っていますか?1970年~1980年代はアイドル黄金期と呼ばれるほど、日本中をアイドルブームにした時代なのです!現在もテレビで流れていたり、口ずさむこともあるのではないのでしょうか。

たくさんのアイドルたちもレコードを出していました。では、そんなアイドルのレコードは売れるのか?という疑問に答えていきます!

70年代 男性アイドル歌手のレコードって売れるの?

まずは男性アイドル歌手のレコードです。実際、レコード査定していると当時のアイドルレコードがたくさん送られてきます。

昔、人気だった有名な人だから高いはず!そう思うかもしれませんが実はアイドルレコードの買取価格は低いジャンルになります。

なぜ低いのかというと、当時大人気だったアイドル歌手のレコードは、たくさん生産されていました。現在の中古市場ではアイドルレコードが溢れかえっていて、高額にはなりにくいのです。

次は女性アイドルのレコードについてです!

70年代 女性アイドル歌手のレコードって売れるの?

先程、男性アイドルは買取価格は低いと書きましたが、女性アイドルはどうなのかお答えします。女性アイドルのレコードも同じで中古市場に多く出回っているため他のジャンルと比較すると低めの買取金額です。しかし、男性アイドルのレコードよりも欲しい人が多いです。現在もファンがいるため男性アイドルよりも高めの買取金額になります。

EP(7インチ)とLP(12インチ)がありますが、LPのほうがお値段がつきやすくなってます。帯付、付属品付だとよりいいです!

アイドルのレコードは無理なのか…と思っているかもしれませんが、中には高額のレコードもちゃんとあります!!高額買取になるレコードをご紹介します!

高価買取のレコードをご紹介!

70年代 アイドルのレコードはお値段がつきにくいと言いましたが、
どのジャンルのレコードも商品によって価格は変わるので、全部がお値段つかないわけではないのです!

ザ・ピーナッツ「フィーリング・グッド – New Dimension Of The Peanuts」LP(12インチ)/King Records(SKD 39)

ザ・ピーナッツ「フィーリング・グッド - New Dimension Of The Peanuts」LP(12インチ)/King Records(SKD 39)

買取価格:¥2,800

条件:帯/ポスター

西城秀樹「Just-Run84-Hideki」LP(12インチ)RCA-Records(RHL-3042)

買取価格:¥3,000

条件:帯、付属品完品

西城秀樹「Strangers-In-The-Night」LP(12インチ)RCA(RHL8454)

買取価格:¥6,000

条件:帯、歌詞カード

上記買取価格は完品・美品の2021年9月9日現在の価格です。市場相場・在庫状況によって変動します。

>>その他の高価買取リストをこちらから

まとめ

70年代のアイドルのレコードは思っているよりもお値段がつかないのです。しかし、中には高額の商品もあります!

Bee Recordsでは、70年代 アイドルのレコードを買取しております。万が一、買取のお値段がつかなかった場合でも無料で引き取らせていただきます!家にある70年代アイドルのレコードをどうしようか悩まれている方は、ぜひご相談ください!