竹内まりやのレコードが大人気!市場価格に異変が!

竹内まりやさんが今、世界的に大人気となっていることをご存知ですか? レコード愛好家の方やYouTubeなどで音楽を聴く方はもちろん知っていますよね。 また、人気に伴ってレコードの買取価格もどんどん上昇しているんです。 こちらのコラムでは、なぜ人気となったのかを解説し、高価買取タイトルをご紹介していきます。

若い人は意外に知らない?

2~30代の方や、音楽をあまり聞かない方の中には、お名前を聞いてもピンと来ない人もいるかも知れません。 竹内まりやさんは1978年にファーストアルバム「BEGINNING」以降、多数の曲を発表されていますが、結婚された1980年代以降テレビなどのメディアにほとんど出演しなくなってしまいました。

インターネットが大きく普及する00年代以前は、テレビがメディアの中心でした。そのため「曲は聞いたことがある」「山下達郎の奥さん」という知識程度で、ご本人についてよく知らない人がいるのも仕方のないことかもしれませんね。

動画配信サービスにより世界的に注目

しかしインターネットが普及したことで、状況は一変しました。 Youtubeなどの動画配信サービスやストリーミングによって、世界中のどこからでも、いつの時代の作品でも、好きな音楽を聴くことができるようになりました。 このことにより、かつて日本でしか聴かれることのなかった70、80年代のシティポップが世界中の音楽好きから注目されるようになったのです。

そのムーブメントの中心が竹内まりやさんの「プラスチック・ラブ」でした。 2017年にYoutubeにアップされた動画が数千万回再生され、コメント欄は日本語ではなく外国語であふれるほどの人気動画に。 世界中の音楽好きが竹内まりやさんを知ることとなったのです。

レコード市場価格が急上昇中

シティポップと同時に、アナログレコードの人気も世界的に復権しています。 インターネットで知ったお気に入りの曲を、アナログレコードで手元にコレクションするという形が、音楽愛好家の中で生まれました。 現在、インターネットでシティポップを知った、世界中の音楽家がシティポップのレコードを求めています。

竹内まりやさんを初め、当時のシティポップレコードは日本でしか流通していないため、海外の方からすると非常に手に入れづらく、希少なものとなっています。 そのため、市場価格も人気に伴ってどんどん上昇することに。

先述したアルバム「ヴァラエティ」は動画で人気となる2017年以前は、中古レコード点に数百円で店頭に並んでいましたが、今ではプレミア価格で入手困難となっています。

高価買取タイトル

竹内まりやさんの高価買取タイトルをご紹介します。

ヴァラエティは、2014年に2枚組重量盤の再販盤が出ました。 さらに人気を受け、2021年11月にも再販売が決定したので、今から注目必死です。 今後オリジナル版の人気がさらに高まることでしょう。

竹内まりや「Variety(ヴァラエティ)」LP(12インチ)/Moon Records(MOON-28018)

竹内まりや「Variety(ヴァラエティ)」Moon Records(MOON-28018)

買取価格:¥7,000

竹内まりや「Request(リクエスト)」LP(12インチ)/Moon Records(MOON-28047)

竹内まりや「Request(リクエスト)」Moon Records(MOON-28047)

買取価格:¥3,000

上記買取価格は完品・美品の2021年9月6日現在の価格です。市場相場・在庫状況によって変動します。

>>その他の高価買取リストをこちらから

まとめ

竹内まりやさんが世界中で人気になっており、レコードの買取価格も上昇していることを解説しました。 現在、竹内まりやさんのレコードは国内外で大人気で希少な品になっています。

また、最近の買取価格急上昇で、場合によっては購入価格以上で取引される可能性もあります。 大切なレコードを高く売るためには、信頼できる専門店に買取を依頼しましょう。

BeeRecordsでは各ジャンルに精通したレコード専門の査定員が一点一点査定を行っています。 もちろんシティポップもお任せあれ! 竹内まりやさんのレコードの処分をお考えでしたら、お気軽にお申し込み下さい。