レコードの持ち込み買取で高く売るコツ!お店の選び方や注意点は?

昔集めた古いLPレコード。プレーヤーもないし、売ってしまいたい!

そんな時に便利なのが、お店でレコードを買取してもらう持ち込み買取ですね。

「レコードを売るときはどんな買取店を選べばいい?」
「持ち込み買取でレコードを高く売るコツは?」

この記事はこんな方に向けて書いています。

 

おすすめ情報

BeeRecord(ビーレコード)には、レコードの専門査定士が在籍しています。

・キズや汚れがあるレコード
・帯や歌詞カードがないレコード
・他社で査定を断られたレコード

どんなレコードでもすべて査定対象です。

▼詳しくはこちら▼

ビーレコードを詳しく見るボタン

レコードを持ち込み買取で高く売るコツ

その場で現金化できる便利な持ち込み買取ですが、古いレコードを高く売るためにはいくつか注意点があります。

ここでは、1円でも高くレコードを売るコツを3つご紹介します。

1.買取店はレコード専門店を選ぶ

モノを売るとき、一番最初に思い浮かべるのは大型のリサイクルショップではないでしょうか?

古本や古着など、いろんな買取アイテムの中に「レコード」があるリサイクルショップもあります。

しかし、古いレコードをリサイクルショップに持ち込むのはおすすめしません!

なぜなら、リサイクルショップには「レコードに詳しい査定士」がいないからです。

古いレコードの中には、10,000円以上のプレミアがついているタイトルもあり、買取価格は日々変動しています。

レコードの知識が豊富な査定士ならではの目利きで買取価格がアップすることもあるので、レコードを持ち込みで買取してもらうときは、レコードを専門に取り扱っている買取店を選びましょう。

買取店については、ぜひ関連記事もご覧ください。

関連記事
損をするかも!レコード買取専門店が教える避けるべきお店の特徴

2.売りたいレコードが買取対象か事前に確認する

レコードの種類では「シングルレコード」や「SPレコード」、音楽ジャンルでは「演歌」や「ムード音楽」などは買取相場が低く、値段がつかないことも多いです。

そのため、あらかじめ「買取お断り」としている買取店もあります。

せっかくお店に行ったのに、買い取ってもらえずに持ち帰るはめになった・・・なんてことになると手間ですよね。

そんなことがないように、売りたいレコードが買取対象かどうか、事前にホームページなどで確認するようにしましょう。

また、売りたいレコードが古すぎたり、買取してもらえないジャンルばかりの場合は、思い切って処分するのも一つの手です。

関連記事
古いレコードの処分方法!大量の場合は?

3.付属品や特典を揃えて売る

特典付きのレコード

帯や特典のポスターなどの有無で買取価格は大きく変動します。

特に帯は、日本独自の文化のため、海外のコレクターからの人気が高いです。

買取に出す際は、購入時に付いていた付属品があるか必ず確認をしましょう。

レコードを持ち込みで買取してもらう流れ

持ち込み買取の流れは簡単です。順番にご説明します。

1.お店で買取を申し込む

売りたいレコードを持って、受付で買取を申し込みます。

このとき、身分証(本人確認書類)が必要になるので、忘れないように準備していきましょう。

2.査定結果を待つ

査定が完了したら、査定結果と買取金額が提示されます。

査定結果に納得できなければ、その場で買取を断ることも可能です。

金額に納得できたら、了承の旨を伝えて買取成立です。

3.現金を受け取る

買取金額を受け取ります。以上で買取は完了です。

持って帰る手間にはなりますが、査定結果に納得できない場合に買取を断ることができるのは、持ち込み買取の大きなメリットだと思います。

持ち込み買取以外のレコードを売る方法

ここまで、持ち込みでレコードを売るコツについてご紹介しました。

しかし、近くに専門店がない!という方も多いと思います。

そんな方には「出張買取」「宅配買取」という方法もおすすめです。

それぞれ、買取方法をご紹介します。

家に査定に来てもらう出張買取

査定士が家に来て、その場で査定してくれる「出張買取」。

売りたいレコードが多すぎて店に持っていけない、という方にも便利ですね。

持ち込み買取と同じく、その場で現金化できるというのもメリットです。

ただし「レコード何枚以上」や「レコード以外にも不用品がある場合」など条件を設けている店もあるため、少数のレコードだけを売りたいという方には不向きな方法といえます。

家から送って査定してもらう宅配買取

ダンボールに売りたいレコードを詰めて送る「宅配買取」。

到着から査定完了、そして振込までに数日かかりますが、非対面で簡単にレコードを売れるのが特徴です。

送料や査定料は基本的に無料な買取業者が多く、お店に行く必要が無いので、日中は忙しい人もスキマ時間に利用できます。

楽に、高くレコードを売るなら「BeeRecords」の宅配買取がおすすめ

アナログレコード買取専門店「BeeRecords(ビーレコード)」では、アナログレコードをなんでもまとめて買取いたします。

レコードに特化した査定士が査定をするため、レコードを1点1点しっかりと査定させていただきます。

ここでは、BeeRecordsのおすすめポイントを4つご紹介します。

1.箱に詰めて送るだけでレコードが売れる!

レコードを箱に詰めて送るだけで売れるイメージイラスト

BeeRecordsのレコード買取は、売りたいレコードをダンボールに詰めて送るだけ!

さらに、レコードを送るためのダンボールを無料でプレゼントしています。

申込みから査定完了まで手数料は完全無料。お値段がついたお品物はすべて1点ごとの明細をお出しします。

2.「大量」「1枚だけ」の査定もお任せください!

売りたいレコードが大量にある方、逆にレコード1枚だけを売りたいという方も、お任せください。

BeeRecordではレコード1枚から買取可能です。さらに、数百点、数千点と大量のレコードであっても1点ずつ丁寧に査定させていただきます。

「どんなジャンルを何枚送るか」のような入力も不要です。

3.レコードならどんなジャンルでも査定OK!

買取価格が低いジャンルの買取を断られた・・・ということはありません。

BeeRecordsでは、どんなジャンルのレコードでも買取対象です。

  • ・洋楽ロック・ポップス
  • ・邦楽ロック・ポップス
  • ・ジャズ
  • ・R&B
  • ・ソウル
  • ・ヒップホップ
  • ・レゲエ
  • ・クラブミュージック
  • ・ワールドミュージック
  • ・アニメソング
  • ・クラシック
  • ・演歌

また、レコード以外にも、レコード関連のお品物なら何でも買取させていただきます。

  • ・LPレコード
  • ・12インチシングル
  • ・EPレコード
  • ・SPレコード
  • ・カセットテープ
  • ・レコードプレーヤー
  • ・オーディオ機器

4.どんな状態のレコードでも大歓迎!

状態が悪いレコードも買取します

レコード盤に多少傷があってもご安心ください。

キズや汚れがあるコンディションの悪いレコードや、帯や歌詞カードが欠品しているレコードもしっかり査定させていただきます。

残念ながらお品物に値段がつかなかった場合は、お客様のご了承をいただけましたら無料でお引き取りし、強制的に送り返すことはいたしません。

 

レコード買取強化中!
レコード高価買取リストはこちら

▼詳しくはこちら▼

ビーレコードを詳しく見るボタン

まとめ

レコードの持ち込み買取についてご紹介しました。

レコードを売るときは、なによりレコード専門店に売るのが安心です。

近くに持ち込み店が無い方、大量のレコードを売りたい方は、ぜひBee Recordsの宅配買取をご利用ください。